vol.13『“型破り”に生きたいなら』 コラム【ア・タ・シ社長になります!】


あえる読者の皆様、こんにちは!

『新入社員A』こと朝日山裕子です。

 

突然ですが、
皆さんは型破りですか?それとも型通りですか?

 

かた-やぶり 【型破り】
一般的、常識的な型や方法にはまらないこと。また、そのようなやり方であるさま。

 

 

 

(いやいや、型破りなんてそんな。私はいたって普通です。一般的。あんまり目立つようなことはしたくないし・・・)

 

 

そう思われたあなたも、
ちょっと思い返してみてください。
自分の子どもや後輩、周りの人がこんなこと言ってませんか?

 

 

「人と同じことはしたくない!」

 

「普通じゃつまらない!」

 

「自分オリジナルの独創的なことがしたい!」

 

「何か突出して注目されたい!」

 

 

 

かくいう私も、
学生時代はこれ、常に言ってました。

 

 

 

「裕子ちゃんは人とちょっと違うねえ」

 

「いつも変わったことしてるねえ」

 

 

褒められてるのか、呆れられてるのかはさておき。


周りの大人からもそう、言われてました。


が、これは“型破り”なのでしょうか?

 

『型破りとは、基礎を徹底的に身につけて、そのうえで、自分の個性を発揮すること。基礎を会得する前に、勝手なことをやるのは“形無し”だ』

 

今は亡き歌舞伎役者の中村勘三郎さんの言葉です。

 

 

これを聞いて、ずっと抱いていたモヤモヤに名前がつきました。


私はずっと「形無し」だった。


もっと何かをやりたくて、もっと早く成長したくていろんなことをやってみるけど、何に関しても基本を疎かにしているから積み上がらない。手を替え品を替えなので、一つを極めたことがない。


でも不安だから何かをやらないと、と無計画に動いてしまう・・・

 

 

似たような意味の言葉で、「守破離(しゅはり)」というものがあります。

 

 

しゅ-は-り 【守破離】 

剣道や茶道などで、修業における段階を示したもの。


「守」は、師や流派の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階。


「破」は、他の師や流派の教えについても考え、良いものを取り入れ、心技を発展させる段階。


「離」は、一つの流派から離れ、独自の新しいものを生み出し確立させる段階。

 

 

 

聞きなれない言葉かもしれませんが、実は身近に結構あります。スポーツ漫画やバトル漫画でこんなシーン見たことありませんか?

 

主人公がある時、とてつもなく強いと噂の師匠に弟子入りする。当然すごい技を教えてもらえるのかと思いきや、基本の動作だけをずっとやらされる。

 

主人公は嫌気がさして怒ります。

 

「こんなことやってる場合じゃない!もっとレベルの高いことがやりたいんだ!」

 

師匠は絶対にYESと言いません。

 

「とにかく今はこれをやれ、いやなら帰れ。」

 

そして【基本】を極めたある日、突然に新しい課題を出されます。


すると、ものすんごい技ができるようになってるじゃありませんか。

 

 

「ワシから教えることはもう無い。行ってこい。」

 

 

そして心身ともに大きく成長した主人公は旅立っていく・・・

 

ね?なんか見たことありません?

 

「守破離」の、「守」と「破」をきちんと習得したうえで「離」に進むと、これまで以上の成果が得られる。どんな物事も基本が超超超大事!基本の「型」を完璧に作って初めて「破る」ことができる。「型」ができてないのに自己流で何かをするのはただの「形無し」ということですね。

 

 

家を建てるときも、まずはその土地の地盤調査をして、場合によっては地盤改良をして、鉄筋を組んで、コンクリートで固めて・・・と、基礎をしっかり作ります。


そこを怠って家を建ててしまえば、地震や大雨で家が傾いたり、浸水する恐れがあるからです。

 

 

スポーツする時も、まずは準備運動。

 

お菓子作りの時も、まずはレシピ通り。

 

 

何をやるにもとにかく基本。

 

 

 

破天荒に名を残したいなら、より飛躍するためにも今は基本の「型」を作ろう。

私もこのコラムを書きながら、しかと心に刻みました・・・

 

 

 

それでは、今日はこの辺りで。

今回もお読みいただきありがとうございました!

 


有限会社アサヒ技研工業

新入社員Aこと、朝日山裕子


朝日山裕子という人物をもっと知りたい方は下記SNSをチェック!

アサヒ技研工業HP

新入社員A(朝日山裕子)Twitter

アサヒ技研工業Instagram

アサヒ技研工業Facebook


過去のコラムはこちらから

 

コラム【ア・タ・シ社長になります!】Vol.01「私が朝日山裕子です!」

コラム【ア・タ・シ社長になります!】Vol.02「子育てと経営は似ている。」

Vol.03「『おまかせ』できる美容師さん」コラム【ア・タ・シ社長になります!】

Vol.04「肩書きをつけてみよう」コラム【ア・タ・シ社長になります!】

Vol.05「アナタはおいくら万円?」コラム【ア・タ・シ社長になります!】

Vol.6「ひとりじゃできないもん」コラム【ア・タ・シ社長になります!】

Vol.7「らしくない歌声」コラム【ア・タ・シ社長になります!】

Vol.8「ダイエットの名言に学ぶ」コラム【ア・タ・シ社長になります!】

Vol.9「正しい」は「正解」じゃない コラム【ア・タ・シ社長になります!】

Vol.10 『弱点は宝物』 コラム【ア・タ・シ社長になります!】

vol.11 『前例なければ作っちゃえ!』 コラム【ア・タ・シ社長になります!】

vol.12 『かわいい子には上京させよ』 コラム【ア・タ・シ社長になります!】

Writer:Kohei Kageyama

FEATURE 特集記事
読者プレゼント応募フォーム

ARCHIVE 過去記事

YOUTUBE チャンネル