『株式会社 真幸土木』街を、人を、幸せをつくる

 

あえる34

Shimane’s Bright Future

 

インタビュー
株式会社 真幸土木
代表取締役 片寄 敏朗 さん

真幸土木とは?

 

土木、道路、橋、下水道施設などの社会資本整備を行っている建設会社です。喫煙者だった先代の父の死をきっかけに『禁煙』をはじめとする社員の健康に配慮した経営に取り組んでおり、『健康経営優良法人(中小規模法人部門)』に2021年まで5年連続で認定されました。昭和51年創業以来、技術面のみならず福利厚生や地域貢献と多岐に渡り表彰して頂き、今日に至ります。

 

[余談コーナー📢]
真幸土木さんの喫煙率、、、驚きの2%!!
以前吸っておられた方も禁煙の取り組みで見事に成功!

 

ここ最近の真幸土木さんの取り組み・受賞歴

2021 年  3月~8月まで

健康経営優良法人2021(中小規模法人部門)

煙支援研修会
松江農林高校丁張り実習
令和3年度安全大会開催
ユニック車 安全講習会
島根県優良工事知事表彰 受賞
島根県優良工事表彰
イクボス宣言
松江市優良工事表彰

 

働きやすい職場環境作りとは?

 

安全運転表彰

 

事故やけがなど、危険と隣り合わせの土木工事では心身ともに健康であるこやチームワークが大切だと考えています。どんな社員でも初めはみんな新人です。上の立場の者が率先して、経験が浅い若手の社員が困り事や心配ごとを相談しやすい環境づくりを大切にしています。そういった積み重ねが現場での「持ちつ持たれつ」の信頼関係を築き、社員それぞれがチームであることを忘れず当事者意識を持って仕事に取り組むことにも繋がっています。

 

[余談コーナー📢]
福利厚生の一環として年1回の社員旅行があるそうです!(現在コロナウィルス感染拡大にて中止)バスではなんと、社長さんからビールが振舞われるなど社長さんの社員ファーストに脱帽です!!終始楽しい旅行で、欠席される方はいないくらい、大好評の取り組みだそうです!!社員さんが羨ましいです(笑)

 

街を、人を、幸せをつくりたい!

 

 

先代から会社を引き継いだ時には、会社の経営経験がなく手探りの状態でしたが、当時の社員に支えてもらった事が健康管理等の取り組みを始めたきっかけです。また、社員自身も家族の支えがなくては何事もなせないという考えから、繁盛期や表彰をした際に贈り物と一緒に社員のご家族にも感謝の気持ちを記した手紙を送ることを10年前から続けています。これからも社員を財産と考え、人を大切にする経営を推進し、質の高い仕事でお客様に選んで頂けるサービスを目指します。

 

[余談コーナー📢]
社員の家族を大切にという想いから、社長ご自身のご家族もより大切にされるようになったそうです。最近では日曜日にはご自身で買い物をされ、献立を決めて料理をされるそうです。奥様もきっと喜んでおられますね!!料理された写真も見せて頂いたのですが、美味しそうな料理を作っておられました!

 

総まとめ

 

今回、真幸土木さんにお邪魔をさせて頂き、社長さんにお話をお聞きして、目からうろこなお話がたくさんで大変感銘を受けました。全てはお伝えしきれませんが、『カラダを大切にすること』『人との関係性を大切にすること』『家族を大切にすること』が質の高いサービスや個人的にはやりがいに大きく影響するのだと思いました!いつかこんな方になりたいとそう思える社長さん、そして素晴らしい企業さんでした!!

 

今回の表紙特集は・・・

 

代表取締役 片寄 敏朗 さん

■株式会社 真幸土木
松江市古志原6-15-41
TEL:0852-23-1758
FAX:0852-23-1779

Writer:Kohei Kageyama

FEATURE 特集記事
読者プレゼント応募フォーム

ARCHIVE 過去記事

YOUTUBE チャンネル