どっこい舎運営『リヤカー屋台 ROKKAKU』

 

【どっこい舎×リヤカー屋台「ROKKAKU」】

 

先日あえる25号の表紙を飾った「どっこい舎」は、昨年11月より松江大橋南詰の空き地で

リヤカー屋台 ROKKAKU  を運営しています。

無人島キャンプ場開設のお話とともにリヤカー屋台についてもお話を伺いました♪

 

 

 

【リヤカー屋台を立ち上げたきっかけ】

松江市の大橋川の拡幅工事で松江大橋南詰のあたりが、立ち退きで空き地になっています。

事業は10年ぐらいのスパンで行われる予定ですが、その間何にも利用されず

放置されるのはもったいないなぁと思っていました。

その中で今できることをしたいと思い、空き地の上で人の流れや交流のできる場が生まれたり、

水辺の見える心地よい空間で、行き交う人々が立ち止まってくれるようなスペースを作りたいと思い、

2020年11月リヤカー屋台 ROKKAKUをオープンさせました。

 

 

 

【「ROKKAKU」の由来】

六角形というのは、蜂の巣や亀の甲羅、雪の化粧など自然界によくみられる形です。

六角形のテーブルで、人と人とが向き合って語らうことによって、新たな交流や笑顔、

そういった空間が自然と生まれることを願って、ROKKAKUと名付けました。

六角形というのは、水辺、灯、食、暮らし、そして空き地という意味があります。

 

 

 

【リヤカー屋台と焚き火のお店】

どっこい舎Facebookより

 

六角形に並べられたベンチの真ん中には焚き火が。

焚き火を囲み、宍道湖の夕日をみながら

ほっこりするひとときを過ごせます。

 

またメニューにも注目です!

ROKKAKUオリジナルのメニューやお店とコラボレーションしたメニューも楽しめますよ♪

 

 

〈春夏限定メニュー〉

◇ドリンク

・タイマグラ クラフトコーラ

・ROKKAKU ストロベリーソーダ

・内藤農園 夏みかんソーダ

(アルコール・ノンアルコール)

◇フード

・ピタサンド(フムス・キーマカレー)

 

どっこい舎Facebookより

 

 

友人と一緒に訪れたり、初めてそこで会う人とお話をしたり。

まさに素敵なヒト・モノ・コトに会える場所です。

 

仕事帰りに、お休みの日に

ふらっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

 

リヤカー屋台と焚き火のお店「ROKKAKU」

毎週 金曜・土曜 ※天候による

17:30〜21:30

営業時間など詳しくはFacebookにてご確認いただけます。

どっこい舎 Facebook

Writer:MiyanagiNatsuki

FEATURE 特集記事
読者プレゼント応募フォーム

ARCHIVE 過去記事

YOUTUBE チャンネル