1/16 あえる注目ワード『日本初アイススケート場がOPEN』

こんにちは。あえる編集部です。

 

 

今日のあえる編集部 注目ワードは、

  『日本に初めてアイススケート場がOPENした日』です。 

 

 

1876(明治9)年1月16日、日本初のアイススケート場が神奈川県・横浜にオープンしました。

アイススケート場は、青木安兵衛氏が横浜港近くにあった自らの水田をスケートリンクにしたもので、

145年前ですから、スケートリンクは屋外で自然に凍らせた氷の上を滑り、「氷すべり場」と呼ばれていたそうです。

また、スケート靴は高価だったため、ゲタに刃をつけた、言わば「ゲタスケート靴」が使われていました。

オープン当初は氷すべり場の名称で開場されていたそうです。

スケート靴のイラスト

日本初となるアイススケート場がオープンしたことは、当時の新聞でも大々的に伝えられ、

多くの人が訪れたものの、スケート専用靴への履き替え、屋外だったことによる気温の変化、

氷の厚さの問題などの諸問題があり、長期的な経営は難しかったそうです。

 

冬季オリンピックのイラスト「フィギュアスケート・ペア」          アクセルジャンプをしているスケート選手のイラスト    冬季オリンピックのイラスト「フィギュアスケート」

 

最近のスケート場は、年間4000万円~5000万円ほど維持費用がかかると言われ、スケートリンクも年々減っており、

フィギュアスケートの選手なども練習場所を確保するのが大変そうですよね。

フィギュアスケート選手を目指している子供たちの為にも、練習場所がこれ以上なくならないようにしたいものです。

 

アイススケートをする動物のキャラクター(猫)

 

 今日はここまで。

 

それでは、また明日

Writer:aelusa

FEATURE 特集記事
読者プレゼント応募フォーム

ARCHIVE 過去記事

YOUTUBE チャンネル