10/8あえる急上昇ワード『池袋暴走事故初公判』

こんにちは!
あえる編集部です。

本日10/8(木)あえる急上昇ワードは
池袋暴走事故初公判』です。

 

昨年4月東京・池袋にて乗用車が暴走し、母親と子どもを死亡させたほか9人も重軽症を負わせた事故は、皆さんまだ記憶に新しいのではないでしょうか?罪に問われているのは、旧通産省の幹部いわゆる官僚であった89歳の男でした。。。この事故をきっかけに高齢者の運転免許返納が全国で急増するなど社会現象にもなりましたね。

さて、この事故の初公判が本日開かれました。
この事件の論点は、被告の“不注意であった”のか車に“異常があった”なのかという部分にあると思います。被告は起訴された内容については「車に何らかの異常があって暴走した」と述べ、無罪を主張しています。これに対して検察側は冒頭陳述で「車を調べても異常は示さない。また、アクセルを踏み込んだデータとブレーキを踏んでいないデータが記録されている」と述べたそうです。

遺族の方は体が張り裂けるような思いをされているのだろうなと思います。初公判を終えて遺族の方が記者会見を開き、「2人の命と向き合っていると思えない」と語ったそうです。

真実の解明がとても難しい事件だと個人的には思っています。
遺族の方も言っておられましたが、この裁判が社会に一石を投じるものになって二度とこのような事故が起きないようになればなと思いますし、我々が意識改革をすることが重要になると思います。

本日は以上です。
また明日。

 

Writer:Kohei Kageyama

FEATURE 特集記事
読者プレゼント応募フォーム

ARCHIVE 過去記事

YOUTUBE チャンネル