10/3あえる編集部注目ワード『桐生 祥秀』

みなさんこんにちは!

あえる編集部です

 

本日の編集部注目ワードは『桐生 祥秀さん』です

この桐生選手が先日あった「日本陸上選手権」

男子100mで6年ぶりに優勝したそうです!

 

桐生さんといえば、男子100m走で

日本人初の9秒台をたたき出し、長年日本人が言われてきた

「10秒台の壁」破った選手として有名ですよね

今でこそ、サニブラウン選手や小池選手

と9秒台の選手はいますが初めて出したというのは

やはり特別ですよね

この桐生選手ですが、17歳の時に

「織田記念陸上2013」という大会で日本人2位の

10秒01とい記録を出し個人的に衝撃を受けました!

その後、大学に進み大学4年時に2017年の

「日本学生対校選手」で9秒98の記録を出し、

ここでも衝撃を受けました

1998年に「伊東浩司さん」が10秒00をだしてから

19年間破られなかった記録がついに

塗り替えられた瞬間でした

来年は今年開催できなかった「東京オリンピック」

もあり活躍を期待したいですね

 

ちなみにですが、男子100mの世界記録は

2009年の「世界陸上ベルリン大会」で

ウサイン・ボルト選手が出した9秒58です!

これは時速に表すと約44㎞でてるそうです(笑)

(人間の走る速度じゃないですね)

このボルト選手ですが200mの世界記録保持者でもあり

記録は19秒19で、塗り替えられるまでは半世紀は塗りかえられないと

言われていた1996年の「アトランタオリンピック」マイケル・ジョンソン選手が

記録した19秒32をあっさり抜いてしまったもんですから驚きですよね。。。

まさしく、名前のように稲妻のごとく軽く抜き去っていきましたね

 

陸上の今シーズンは終わりオフに入りますが、

来シーズンまた楽しみに見たいと思います。

 

本日はここまで

それではまた明日!

 

Writer:Naoya Kishi

FEATURE 特集記事
読者プレゼント応募フォーム

ARCHIVE 過去記事

YOUTUBE チャンネル