10/2急上昇ワード「鬼滅の刃 22巻(最終巻)発売」

 

皆さんこんにちは!

あえる編集部です!

 

本日の急上昇ワードはこちら!

「鬼滅の刃22巻(最終巻)発売」です。

 

 

あえるブログでも何度かご紹介しておりますが、

大人気漫画の「鬼滅の刃」がコミックでとうとう

最終巻発売となりました!

 

楽しみにされていた方は、ぜひお近くの書店に

駆け込みしてご購入してくださいね!

 

皆さんは漫画やアニメをもうご覧になりましたか?

私は、アニメ化されてからドはまりして休日に

一気見してしまうくらい大好きになりました。

 

鬼に家族を襲われ、妹が鬼化してしまった主人公の炭治郎。

そんな妹を人間に戻すため、さらに世の中から鬼を退治するために

主人公が成長しながら戦い抜くストーリーを描いている

内容です。

 

そこで、山陰地方でも鬼の逸話って結構あるんじゃ

ないかなと思って探してまいりました!

諸説ありですが、やはり古来の伝承で山陰は登場

してくるようですね。

 

鬼のお面をかぶる会社員

 

「日本古来の鬼退治伝説」

~in 鳥取県伯耆町溝口町~

 

時代は紀元前3世紀頃に第7代孝霊天皇(こうれいてんのう)が

伯耆国日野郡溝口町の鬼住山(きずみやま)に居座って人々を

苦しめていた大牛蟹(おおうしがに)という鬼を退治して

陣を張ったという逸話です。

 

悪いことをしている鬼退治を計画した孝霊天皇。

しかし、鬼住山までの道のりは困難で鬼のもとに

たどり着くまでに食糧がもたない。

そこで、人々から献上してもらった笹巻団子を

餌に鬼をおびき寄せる作戦を実行します。

 

おびき出されたのは、大牛蟹(おおうしがに)の弟、

乙牛蟹(おとうしがに)でした。

そこで、乙牛蟹(おとうしがに)は矢に射抜かれ

死んでしまいます。

悲しみの中、大牛蟹(おおうしがに)は抵抗し、

中々降伏しませんでした。

 

ある夜、天皇は笹の葉を刈って山のように積み上げる

作戦をお告げとして夢に見ます。

作戦実行すると、笹の葉が風に舞い鬼の体へと張り付き、

身動きが取れない中で、笹に火を放って鬼を退治しました。

 

その後、鬼が「降参して孝霊天皇の配下として北を守らせて下さい」

と願ったので、孝霊天皇は北を守る役目を与えました。

 

っというような逸話が残っており、現在でも溝口町あたり

には鬼の町として有名な地域になっています。

いい加減鬼になりますよ

 

 

鬼ミュージアムや孝霊天皇を祀る楽々福神社など

逸話にまつわるスポットもたくさんあるんですよ!

こんな近くに鬼を感じられるのもこの町くらいかも

しれませんね。

 

「鬼滅の刃」好きなら「鬼」も好きなはず!!

と思って本日はここまでお話しいたしました!

興味があれば、ぜひ遊びにいってみてください。

 

それでは、また明日!!

 

 

 

 

 

Writer:Yukio Fukuma

FEATURE 特集記事
読者プレゼント応募フォーム

ARCHIVE 過去記事

YOUTUBE チャンネル