松江水燈路で繋がる感動の輪

皆さん松江水燈路ってご存じですか?

行ったこと、観たことあるよって人も多いんじゃないでしょうか?

まだ行ったことのない人のためにご説明します!

【松江水燈路とは】

松江ライトアップキャラバンが主催する、松江城周辺をライトアップする光のイベントで、光と影が織りなす幻想的な風景は、城下町ならでは。毎年、多くの来場者を魅了しています。メインとなるのが、一年でこのときだけの「堀川遊覧船夜間運航」です。
船上より、風情ある町並みが残る塩見縄手に目をやると、水燈路行燈500個がゆらぎます。また会場全体で約2000個の行燈が並びます。

そんな松江水燈路をもっと素敵にしたい・・・その思いを持った有志の集まりがあります。
その名は、【チーム水燈路】

このチームに参加する大勢の人たちにより松江水燈路は支えられて、こんにちまで発展してきました。
そんな彼らの思いは一つ・・・
「水燈路を松江の文化に」
そんな目標を掲げ、活動している熱きチームに会ってきました♪

 

【チーム水燈路とはどんな活動をしているのでしょうか?】

松江水燈路は2003年に始まりました。そこから時は経ち、最初は2014年に有志を募り「水燈路市民会議」という名称で発足しました。

そして2017年、「チーム水燈路」に名称変更、市民参加型の取り組みを続けています。松江水燈路は、「市民でつくる水燈路」という考え方をたいせつにしているのでチーム水燈路のメンバーになることで、様々な形で水燈路に参加できます。

チーム水燈路の活動内容は多岐にわたっており

◎作品作りに興味がある

・手作り行燈コンテスト ・あかりのオブジェ(竹あかり)制作チーム ・ねぶた制作チーム ・市民企画 あかり制作部門

 

◎企画や運営に興味がある

・市民企画 イベント企画部門  ・広報チーム

 

◎なにか手伝いたい

・水燈路ボランティア

 

など自由な関わり方ができるのがチーム水燈路の特長です。イベントを企画したい人、仲間とつながりたい人、ボランティアをしたい人、それぞれの立場や思いで参加しています。
年齢制限もなく、個人でも団体でも参加できます。
いろいろな関わり方がありますが、松江水燈路で仲間と一緒に「感動」をつくり、共有できるのが、チーム水燈路の魅力です!

 

【活動するにあたっての思いはありますか?】

「松江でしかできないこと」「できることをおもいっきり」「忘れられない思い出をつくろう」と活動を続け、今では全国に誇れる「あかりのお祭り」として成長しました。当初は「見るイベント」だったのが水燈路のあかりを通じてご縁がたくさん広がり、今では「参加するお祭り」になりました。これからも水燈路が秋の風物詩として続いていき、やがて松江の文化として成長していけるように、仲間と一緒に感動をつくり続けたいと思います。

 

とても熱く、素敵な思いを持って活動されているチーム水燈路の皆さんでした。
今年は残念ながら新型コロナウイルス感染防止対策の観点から、ライトアップの設置は行われず、誠に残念ですがそんな中でもチーム水燈路の皆さんは何かできることはないのかと模索し、今年度は「おうちですいとうろ」という新しい取り組みを開催。
ライトアップ動画を10月1日(木)からYouTubeの松江水燈路公式チャンネルで順次配信予定だそうです。おうちにいながら水燈路を楽しめそうです。

 

けっして何もせず終わらせることのないチーム水燈路の思いは必ず松江の文化として発展し、そして人々の心にあかりを灯していくのではないでしょうか。

 

そんな「チーム水燈路」はメンバーも募集しています!
気になる方、参加してみたい方はぜひ公式HPから詳しい情報をチェックしてみてください!

チーム水燈路公式サイト

 

松江水燈路公式サイト

 

松江観光協会


【住所】島根県松江市中原町19 松江市役所第4別館

【TEL】0852-27-5843

Writer:Takashi Kageyama

FEATURE 特集記事
読者プレゼント応募フォーム

ARCHIVE 過去記事

YOUTUBE チャンネル