8/2あえる編集部注目ワード「パンツの日」

 

みなさんこんにちは!

あえる編集部です!

 

本日は、あえる編集部の注目ワードを

ご紹介していきますよ~!

 

本日の注目ワード

「パンツの日」です。

 

そうそう、今日は8月(パン)2日(ツ)の日なんです。

この記念日は、1984年に奈良県の下着メーカーである

「イソカイ」さんが自社商品の名称とかけて制定された

記念日になります。

実は、現在も「パンツの日」には女性が本命男性に

こっそりパンツをプレゼントする活動が続けられて

いるんだとか。

ちなみに、下着メーカーの「ワコール」さんも

パンツの日でキャンペーンPRされてました。

 

 

そこで少し気になった日本人の下着(褌 ふんどし)の歴史を調べてみました~!

 

びっくり担当のエキストラ

 

大まかにいうと戦国時代や江戸時代までは、男性は身分によって

下着の着用の有無が分かれていたそうです。

それまでは、ノーパンか布くらいだったとか。

 

漢字から分かるように「褌」とは、「衣」編に「軍」と書くように戦闘服に

由来するんです。

ルネッサンスなど産業革命が起きて、綿などの大量生産ができるまでは、

布は高級品で、戦国時代など戦死者の身分は「褌」の着用の有無で判断

していました。

 

戦国時代までは、「麻」が主流でしたが、江戸時代に入ると「木綿」に

代わり、武士だけでなく一般でも多く普及されていきました。

 

 

ちなみに女性は、湯文字(ゆもじ)と呼ばれる四角い布が主流で、

現在における「腰巻き」のようなものを、巻きスカートにして

着用されていたそうです。裾にはめくれてはだけない様に、おもりが

ついていたとか。

時代とともに、湯文字の上に「蹴出(けだし)」という裾よけを着用

するようになりました。現在でいう見えても大丈夫な下着。

それでも江戸時代までは、江戸の中心部に普及されていたことが多く、

農村部ではノー下着で生活される方も多かったようです。

 

 

話しは、「褌」に戻りますが、第2次世界大戦後に洋装化が進んだ

ことで成人男性の下着は、「ブリーフ」や「トランクス」に変遷して

いき「褌」文化は大きく廃れていくことになります。

そういえば、私の祖父も昔はふんどしだったって言ってたなぁ~

 

その後は、化学繊維などの登場でデザイン性にも富んだ現在の下着姿に

変貌していき、私たちが普段から着用しているスタイルに落ち着いている

わけですね。

 

あっ!

ちなみに女性用のTバックという下着は、1980年台にサンバで有名な

ブラジルが発祥で当初は、水着として着用されていたんですよ!

 

 

パンツではないですが、ここで一つ問題です。

ストッキングの生産量日本一を誇る県はどこでしょうか?

チッチッチッチッチ・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は・・・・・・

青森県でした~!

 

青森県のイラスト | フリー、無料で使えるイラストカット.com

 

なんでも、ストッキングメーカーの「アツギ」さんが国内唯一の工場を

青森県むつ市に構えており、原料の糸から商品製作まで一貫生産で

年間4,800万足という生産量を誇っているんですって!

 

ここまで、パンツの日楽しんで頂けましたでしょうか?笑

気になる方は、日ごろの感謝も含めてパンツをプレゼント

してみても喜ばれるかもしれませんね♪

 

本日は、ここまで。

それでは、また明日!

 

Writer:Yukio Fukuma

FEATURE 特集記事 RECRUIT 仕事を探す
読者プレゼント応募フォーム

ARCHIVE 過去記事