7/15急上昇ワード「バンクシー」

 

こんにちは!

美術センス(特に絵画)が皆無のあえる編集部です!

本日ご紹介させていただく急上昇ワードはこちら!

「バンクシー」です。

 

ニュースのトピックスでもかなりの注目ワード

でしたので、ご存じの方も多いかと思います。

バンクシーと言えば、イギリスを拠点に活動する

匿名アーティストとして世界に名が知られて

いますが、今回はその「バンクシー」さんが

何をして注目を集めたんでしょうか!

 

どれどれ~?

注目を集めたのは彼が行ったストリート

アートについてのニュースでした。

「ファーストフードを食べながらスマホをチェックする現代サラリーマン」の写真[モデル:大川竜弥]

 

【ニュース概略】

正体不明の路上芸術家バンクシーは、

14日、イギリスのロンドン地下鉄の

車内で落書きした新作を公開した。

とのこと。

 

よく路上や公的な場所でバンクシーの

アートが発見されると話題になりますよね!

 

今回のアートは、マスクを使って遊ぶネズミ

の姿を描いたり「私はロックダウンされた。

でもまた立ち上がるんだ」などの社会的

メッセージも記載されており、かなりの注目が

集まったようです。

ちなみに、公式インスタグラムでアート制作の

動画を更新していたことも話題になったようです。

↑匿名なのに公式インスタグラムのアカウントあるんだ。。。笑

 

「捨てられたマスク」の写真

イギリスでは、マスク着用について結構賛否が

分かれているようなのですが、それについて

「バンクシー」はマスク着用を促すアートを

描いていたわけです。

 

私たち日本人からしてみると、マスク着用や

アルコール消毒って新型コロナウイルスが感染拡大

する前からそれなりに生活の中で使用していた

ものなので大きな抵抗はありませんでしたが、

海外はかなり違うんですよね。

いまや、マスクを着用してお店などに入る際には

消毒するのが当たり前になっていますが、

文化が違えばこの「当たり前」が異なるわけですね。

 

さてさて、そんな「バンクシー」さん

もう少し詳しく調べてみましたよ~!

 

【バンクシー】

正式な名前、生年月日などはもちろん非公開。

作品は、アーティストやミュージシャンとの

コラボレーションも多く、グラフィティアーティスト

(スプレーやフェルトペンで壁などに書かれている図像のこと)

として著名になっている。

 

「使い込まれた油絵の具」の写真

 

また、世界各所に神出鬼没でアートを描き話題に

なることから「バンクシー」はグループだとか

支援している団体が存在するなど様々な憶測が

飛び交っている。

作風は、社会的疑義や政治的メッセージなどが

多い。

中でも「バンクシー」を有名にしたのが、アメリカ

のメトロポリタン博物館やイギリス大英博物館など

の館内に無許可で自身の作品を展示して、しばらくの間

誰にも気づかれないまま放置されていた話しは彼を

大きな話題の中心にしたといえます。

↑私もこれはニュースでよく見た気がする!

 

匿名活動の徹底ぶりもすごいみたいで、取材など

受けることはあっても電話やメールでのみ対応

するんだとか。

そんななか、バンクシーは取材で

「人々に議論を促し、社会問題に目を

向けさせることがアートの役割」と

語っていたことがあるそうです。

 

 

「カメラメーカーからオファーを狙うドイツ人ハーフ」の写真[モデル:Max_Ezaki]

活動の幅もアートだけではなく、

2010年には「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」

というドキュメンタリー映画の初監督作品を公開。

翌年のアカデミー賞でもベストドキュメンタリー部門に

ノミネートされたそうですよ!

その他にも、テーマパーク(Dismaland)や

”世界一眺めの悪い”ホテル「ザ・ウォールド・オフ・ホテル」

などのプロデュースも行っています。

↑アートに映画監督などなど多才ですね~!

 

さてさて、ここまで読んでくださった方たちは

さぞ「バンクシー」の今後の活動にも興味が

でたんじゃないでしょうか?

気になった方はインスタグラムで「♯banksy」と

検索してみると彼のアート作品が楽しめますよ!

 

この夏、アートに目覚めて公共の場に落書き

していて怒られても責任はご自分でお願いしますね!笑

 

それでは、また明日!

Writer:Yukio Fukuma

FEATURE 特集記事
読者プレゼント応募フォーム

ARCHIVE 過去記事

YOUTUBE チャンネル