7/12あえる編集部注目ワード「西瓜という名のスイカ」

 

 

こんにちは!

スイカ大好きあえる編集部です。

本日は、日曜日なのであえる編集部の注目ワードの

『スイカ』ご紹介していきますよ~!

 

日本人なら夏になると一度はスイカを食べて季節を

感じるかと思います。

↑日本人の固定概念。笑

 

そんなスイカのことを、私の実家では「神様」

ごとく祭り上げられ、愛されているんです。

そのお姿がこちらです。ドンっ!

朝起きて、リビングに行ってみるとかわいいお花と

一緒にスイカ様が鎮座されておりました。

 

スイカを祭り上げている張本人は私の母様でしたが

理由を聞いてみると単純に

「冷蔵庫の空きがないのよ。」とのこと。

そりゃ、そのはずです。

このスイカ以外に、2玉ストックがあるのですから。

ちなみに実家は私を含め両親の3人しかいません。笑

 

一人1玉のストックを用意しておくほど私の母は

スイカ好きなのです。

旬なものが美味しいのわかるんですけど、連日の

デザートがスイカだと夜中のお腹が心配ですよね。

 

 

さて、私のお家事情は置いといて「スイカ」さんの

【歴史】気になりますよね?←唐突。

そこで、私なりリサーチをかけてスイカを

調べてまいりました。

あくまでも諸説ありですよ!

 

 

【スイカの歴史】

スイカの原産は、アフリカ地域で数百万年前には

砂漠地域で誕生していたと言われています。

また、現在のスイカに至るまで様々な品種改良が

行われてきたので昔のスイカは、味はもちろん

今のように美味しくもなければ色も無地や黒一色

だったりしたんですって!へぇ~

 

エジプトでは、4000年前の壁画にスイカが描かれて

いたり、お墓からスイカの種が出土したこともある

そうです。

ちなみに、当時は実が苦くとても不味かったようで

中身じゃなく「種」を食べたりしていたとか・・・

↑何で?

「すいかの種」の写真

何でだろう?とさらに調べてみると

古代ローマに伝来してからは、医薬品として解熱作用

があるなどの作物としても扱われていたそうですよ。

また、砂漠地域でできた果物なので当時は、旅路の

水分補給ができる手軽な作物としても重宝されていた

ようです。

それにしても種まで食べるかは別ですけど。

そんななか、交易品としても重宝されるように

なってきて少しずつスイカさんの世界進出が始まって

いくわけです。

 

 

時は流れて日本に伝来してきたタイミングを調べて

みたんですが、意外に様々で諸説ありの

「謎」が浮上しました。

 

一説では、ポルトガル人が長崎にかぼちゃと一緒に持ち込んだとか。

「木箱に入ったかぼちゃ」の写真

中国に伝来してからすぐに日本に入ってきたとか。

基本的には、室町時代や平安時代という説が

あるようですが「西瓜」というくらいですから

中国からの伝来が有説なのかもしれないな~と

考えながら書いてます。

 

その後、江戸時代ですでに名産があるくらい

人気が高まり徳川中期以降では、一般販売される

品種も多くなっていたそうです。

明治・大正・昭和の時代で、海外品種との

掛け合わせを繰り返しながら歴史を追うごとに

美味しくなってきた夏の風物詩の「スイカ」様。

現在では、日本で育成されている品種だけでも

150種以上もあるんです。

また、果肉の種類も3種類あり

(紅肉・黄肉・白色種)。

90パーセントは親しみのある紅肉だそうです。

わたし、白色肉のスイカとか見たことない。みんな調べてみて

 

 

そんな、赤くておいしいスイカといえばやっぱり

山陰名産では鳥取県北栄町で栽培されている

「大栄スイカ」が有名ですよね!

私も、祖母が鳥取なので顔見るついでに道の駅で

お土産で買っちゃうほどです。

 

この「大栄スイカ」甘いものでは糖度が

13度~14度もある。

桃やメロンなみの糖度を誇ってるらしい!

 

また、水はけのよい土、昼夜の寒暖差が激しい

恵まれている環境で、より甘くて美味しいスイカを

作るために一苗一玉

(一つの苗に一玉しかならせない)

という栽培方法も多く農家さんで使用されていて

とっても大事に育てられているんです。

そのため、1玉に栄養が凝縮されてギュっと甘く

なるんだとか!

割と大玉で、大きさに比例して外皮の厚さが特徴。

その外皮がしっかり甘味を保ってくれんですって。

ちなみにおススメの直売所はこちら↓↓

 


JA鳥取中央大栄支所北栄営農センター

住  所:鳥取県東伯郡北栄町妻波1725−2

アクセス:山陰道 琴浦ICから車で10分程度

T E L:0858-48-1147


 

 

今回は、スイカの歴史と合わせて山陰名産の

ご紹介をしてみましたが、いかがでしたか?

皆さんも夏はこれからですので「スイカ」を

食べて暑い夏を乗り切っていきましょう!

 

それでは、また明日!

 

Writer:Yukio Fukuma

FEATURE 特集記事
読者プレゼント応募フォーム

ARCHIVE 過去記事

YOUTUBE チャンネル