成長に合わせたカリキュラム 楽しく学ぶ英会話レッスン! こども英会話amity


あえる41

Shimane’s Bright Future

 

インタビュー
英会話講師 藤井 嵩子さん

アミティーとは?

 

 

生後6カ月の赤ちゃんから高校生まで、生徒の成長や英語のレベルに合わせた教育を行う子供英会話教室です。保護者の方と一緒に成長を見守り、レッスンを通して信頼関係を築いていくことを大切にしています。思春期の多感な時期にはお子さんの教育について相談を受けたりと、レッスンだけでなくそれぞれの心と向き合うことも心掛けています。また、新型コロナ感染拡大防止対策や安全なドア設備など快適で通いやすい学習環境に配慮しています。

 

【アミティーの教育方針

一人ひとりの年齢や成長スピード、異なる個性に応じて、適切かつ魅力的な教育を行い、コミュニケーションの楽しさを体感させます。

英語表現の基本に重点を置く指導により、語彙・構文を確実に定着させ、ごく自然な発話をうながします。

各年代の心理や理解力を十分考慮した教育を行い、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を同等に高めます。

英語教育を通じて異文化への理解を図るとともに、お互いの価値観を尊重し合える国際人を育てます。

 

 

英語は何歳から?

 

 

言葉の音・周波数(パスバンド)を聞き取る聴力は生後3か月から5歳までに備わっていきます。乳幼児期からレッスンをスタートし、聴覚が確立する前に英語に触れることで、日本語を覚えるのと同時に英語も認識できるようになります。小学校での英語導入など英語学習の低年齢化が進んでいますが、まずは英語でのコミュニケーションを体感し、その楽しさを知って頂きたいと思います

 

【周波数(パスバンド)はご存知ですか?】


1秒間に100回振動するのが100ヘルツ。その振動が耳に伝わり、聴覚神経を通って「聞こえる」になります。人間の耳が聞き取れる周波数(パスバンド)は16ヘルツ~1万6000ヘルツ。ただし、ことばによって優先的に使われる周波数に大きな違いがあるといわれています。具体的に比べてみると、日本語の周波数は125~1500ヘルツで、英語の周波数は2000~12,000ヘルツ。大きな差があるのは一目瞭然ですよね。こうした違いから、日本人はネイティブの英語が聞き取りにくいらしいです。

 

 

可能性広がる力を!

 

英語は自分と世界を繋げてくれる大切な言語です。今は活きた英語がとても重要視されています。自分の想いや考えを臆せず外国の方に発信できるようになることで自己表現の幅が広がり、世界中に友達が増えたり、自分に自信がつくようになります。お子さんの可能性を広げるはじめの第一歩として、私たちと一緒に楽しく英語を学びましょう。

 

今回の表紙は、、、

 

■アミティー 松江校
■松江市松江市西嫁島1-4-5 SPビル1F
0852-27-8289
受付時間:11:30~20:30(土曜日は、10:30~19:30)
開講時間:11:30~20:30 (土曜日は、10:30~19:30)
※GW、お盆、年末年始はお休みとなります。詳しくはお問合せ下さい。
アミティー松江校HP
アミティーHP

 

 

 

 

Writer:Kohei Kageyama

FEATURE 特集記事
読者プレゼント応募フォーム

ARCHIVE 過去記事

YOUTUBE チャンネル