いいもの五つ星ショップ情報~浜田水産高等学校~様々な料理と相性のいい あきひさの万能だれ!

浜田水産高等学校 ~SY~

県立浜田水産高等学校(2011年) | 島根県学校生活協同組合(島根・松江の学校生協)

浜田市瀬戸ヶ島町25-3

昭和23年、日本海屈指の水産都市浜田に、水産教育の拠点となる学校として、浜田水産高等学校が創立されました。
校舎は風光明媚な浜田漁港を眼下に見渡す瀬戸ヶ島の高台に位置し、とても恵まれた教育環境にあります。卒業生・修了生は、水産・海洋関連産業を中心に、全国各地で活躍しています。

 

さて今回高校生オリジナル商品セットにご提供頂いたのがコチラ!!ドド―ン♪♪

説明書き
イカ焼きのタレから生まれた万能だれ! 本校の水高祭で人気のイカ焼きに使用されていたタレが“もと”になっています。生徒4名でこのタレを使った料理を調べた結果、多くの料理に合うことがわかり地元企業と共同開発して商品化することになりました。 商品名は、開発者の生徒4名の名前の頭文字をとって「あきひさの万能だれ」と名付けました。そのままかけても良し、照り焼き、肉じゃが、生姜焼き、煮物に使用しても良し、本校発の「あきひさの万能だれ」の美味しさをご家庭でもご賞味ください。

 

~SY~

浜田水産高校食品流通科では地元の食材から食品製造を学んでいます。

水産食品の製造加工・開発や流通に関する専門知識と技術の習得を目指し、さらに、食品製造や新しい衛生管理HACCPについて学び、安心安全な食品を作ります。それらを通し、キャリア教育を推進しています。

 

1年生は

食品を知ること、水産を知ること、海を感じることを中心に学校生活を送ります。
具体的には、水産食品を作る知識を学び、基礎実習で学んだ知識を「食べ物」に加工します。教科や実習などを通し、食品作りや試食など充実した時間を感じています。

 

2年生は

1年生で学んだ知識や技術をより深く極める学びを行う学年になります。
週に1日は、総合実習があり、地元ブランド魚を使った製品作りを行っています。また、新しい衛生管理の手法、HACCP(ハサップ)の授業も行われ、実習にも取り入れています。

 

3年生は

学んできた知識や技術などを、社会に出たときに即戦力として使えるようにまで高める学年になります。また、課題研究という授業を通して、商品開発などに取り組み、地元企業と連携をして、新商品の開発・販売などを取り組み、地域社会との連携を学んでいます。

この学びの中で生まれた「あきひさの万能だれ」ぜひ一度ご賞味あれ!!

 

浜田水産高校『あきひさの万能だれ』がセットになっている商品はコチラ↓

山陰の高校生を応援!オリジナル商品セット 3,500円(税込・送料別)

 

↓コチラを登録されてからのご注文がお得です!!

 

 

 

Writer:Kunimitu Akagi

FEATURE 特集記事
読者プレゼント応募フォーム

ARCHIVE 過去記事

YOUTUBE チャンネル