8/11急上昇ワード『アクタージュ』

 

皆さんこんにちは!

あえる編集部です!

 

3連休明けの方も、すでにお盆休みの方も

おられるかと思いますが、お休みいかが

過ごされていますか?

島根県では、松江の高校でクラスターが

発生してしまいましたね。

これ以上の感染拡大や重傷者がでないと

いいのですけれど、心配で中々お出かけも

できませんね。

 

 

さて本日の急上昇ワードはこちら

「アクタージュ」です。

 

「アクタージュ」ってなんだ~~~???

って方。私も同じでしたのでお調べ致しました。

 

カフェで写真集を眺める女性

「アクタージュ」とは、少年週間ジャンプで連載

している人気漫画のタイトルです。

内容は、女子高生が主人公の演劇漫画なんです。

今までにない作品内容と回を重ねるごとに人気が

高まり、2019年には「第43回講談社漫画賞」の

少年部門にノミネートされているなど現在注目率

急上昇の連載漫画なんですよね!

 

そんな「アクタージュ」がはたまた急上昇

した理由が意外なことだったんです。

 

開いた口が塞がらない男子

 

ニュースの概略

昨日8/8に、アクタージュの原作担当のマツキタツヤ

容疑者が、10代女性への強制わいせつの容疑で逮捕

された。

連載中の集英社は、事実確認のうえ「アクタージュ」の

連載を8/11日発売の少年ジャンプ36・37合併号を持って

終了する。

という内容でした。

 

まさに、売れっ子として世に出てきた原作者が異例の

容疑で逮捕ということで、大注目を集めてしまったという

ことでしょうか。

本当であれば、人気漫画の原作者としての注目をこれから

嫌というほど浴びる方だったと思うと残念で仕方がない

ですね。

 

逮捕容疑としては今年の6月18日の午後8時頃に、

帰宅中の女子中学生を自転車で追い抜く際、胸を

触った疑いだということで。

同日には、他にも同様の事案が発生していることから

関連も調査中だそうです。

 

作者さんにも色々な苦悩があるのはわかりますが、

非常に残念なニュースでしたね。

また、連載を楽しみにされていた皆さんからすると

幻の作品になってしまったことで、もやもやが

たまらない気持ちかと思います。

 

私も少年時代に読んでいた漫画が作者逮捕で連載終了

してしまって幻の作品になっているものもあります。

続いていれば、どんなストーリーだったのかな?と

今日のニュースを見て思い返していました。

 

私たちの応援や期待だけでは、どうにもならない

かもしれませんが、またどこかで作品復活を

果たしてくれるといいですよね!

 

皆さんも忘れられない作品があれば、

連休中に読み返してもいいかもしれません。

 

イエーイみんな見てるー(外国の女の子)

本日のところはここまで!

それでは、また明日!

 

Writer:Yukio Fukuma

FEATURE 特集記事
読者プレゼント応募フォーム

ARCHIVE 過去記事

YOUTUBE チャンネル