【創刊記念特集】受賞者に会いに行きました!〜QBIC HOME〜

「あえる」では人の魅力を伝えたい。

そこで注目したのが、島根県にお住まいで輝かしい賞に選ばれた人たち。

さっそくお話をお伺いさせてもらいに、この方に会いに行ってみました。

 

 

 

・QBIC HOME 代表取締役 久文 秀典氏

【GOOD DESIGN AWARD2016 (住宅・住空間)】

受賞対象名:商品住宅【庭先近所 はなれのくらし】

 

 

いつの間にか会社のキャラクターになっていた久文社長。

誰からも愛されるキャラで人が好き、困っている人をほっとけない性格で、いつも自分の事ではなく人のことを自慢する心優しい社長です。

 

そんな久文社長に早速お話をお伺いさせて頂きました。

 

 

Q.この賞を受賞した時の気持ちを教えてください!

 

賞を狙いに行く際も、ベテランスタッフでチームを作るのでなく、若いスタッフを中心にプロジェクトチームを立ち上げました。まずは徹底的に考えました。

そして審査員の傾向なども徹底的に分析しました。私にとってスタッフは身内みたいなものです。

そんな家族同然のスタッフ達と受賞できたのは嬉しかったです。

受賞後は、ご褒美もかねて新潟にある天然素材の家を見に行く研修旅行をプレゼントしました。

 

 

 

Q.受賞された住宅ってどんなお家?

 

お客様とのお付き合いの中で、親と同じ敷地内に家を建てたいという相談やご要望が非常に多かったんですね。

その相談にお応えすべく、今までの経験で蓄積されたノウハウを基に考えた「庭先近居 はなれのくらし」という家の建て方、暮らし方が評価され、今回の受賞に繋がりました。

 

 

 

Q.久文社長の今後の描いている未来はありますか?

 

最近、生活において効率や利便性を求めるより、生まれ育った地域や自然、与えられた環境の中でそれらを楽しむことが人生を豊かにしていく。

そんな考え方を持つ若い世代が増えていてとても嬉しく思っています。

誰しも一度きりの人生で何をやりたいのか、爽やかに、人のために生きられるのか、自分の生活を大切に暮らす。島根での家づくりを通してそんな考え方のもと出来上がった商品を全国に発信していき、根付かせていきたいです。

 

 

 

Q.最後に皆さんに伝えたいメッセージはありますか?

 

家づくりは自分の未来づくりだと思います。

30年、40年先の未来を見据えた家づくりを皆さんも考えてみてはいかがでしょうか?

 

QBIC HOME 代表取締役 久文 秀典

 

 

本当にスタッフ想いで、インタビューをしていてもスタッフの自慢ばかりで、本当に心優しい人柄の久文社長でした

QBIC HOMEでは、様々なモデルの住宅見学会もご予約受付中とのことです。

安心して未来をお任せできるQBIC HOMEの住宅をあなたも見学してみてはいかがでしょうか?

 

 

QBIC HOME 本社


【住所】出雲市大津町701−7

【TEL】0853−21−8537

【営業時間】9:00〜18:00

【定休日】土曜・日曜

 

Writer:Takashi Kageyama

FEATURE 特集記事
読者プレゼント応募フォーム

ARCHIVE 過去記事

YOUTUBE チャンネル